News新着情報

元海上自衛官WELCOME♪

2020/05/27 16:08:20  船員ドリームドットコム
中海連では、自衛隊援護協会と連携して、年に3回程度「中級管理者研修」でセミナーを実施しています。
これは、内航船員の過半数が50歳以上で、大量退職期を目前に控えている一方、少子高齢化は着実に、そして容赦なく進行している中、比較的若くして定年を迎える海上自衛隊の方々に、再就職先として内航船員を選択していただこうと、長年取り組みを続けているものです。


海上自衛官は、階級によって定年がまちまちですが、それでも陸上産業の一般的な年齢(60歳)よりも早く、2佐、3佐クラスで55歳、1尉~1曹クラスで54歳、それ以下だと53歳となります。
しかも任期付き自衛官(海士)などの場合はほとんどが20代で自衛隊を後にします。
若年で退職する方はともかく、50代半ばでの定年退職しても、まだまだ働き盛り。

是非とも再就職には内航海運の世界に来ませんか?と、毎回講師派遣して、プレゼンしています。

担当は中海連きってのブレインである日浦理事

これまでも何度か日浦理事のプレゼンを聞く機会があったのですが、日浦理事が経営する会社でも自衛官OBを採用されていることもあって、その内容には説得力があります。
しかも、内航船員という職業の辛い面?なども赤裸々にお話されるので、その内容には飾りがありません。

これまでもたくさんの元自衛官の方が内航の世界に来ていただいていますが、船に親和性が高く、再就職のため引っ越す必要もなく、収入も陸上産業のそれと比べて高い内航船に是非たくさんの人材が来ていただくことをこれからも取り組みたいと思っています。

こぼれ話・・そりゃあ「無茶ぶり」

日浦理事と広島港から船に乗って江田島に向かったのですが、船内で日浦理事が突然・・・
「専務も少し話して下さいよ」と・・・・(@_@。

日浦理事のお話のあと、ほんの少しだけ・・
「コロナ禍のなかでもエッセンシャルワーカー(なくてはならない職業)である内航船は動き続けている。日本人のため、日本企業のため、これからも日本のために働く内航船はプライドを持って働ける、素晴らしい仕事です!」と、なんともはや、訳のわからないお話をさせていただきました。

様々なイベントが軒並み中止・延期となるなかで、久しぶりに外に出ることのできた仕事で、少し嬉しかった一日でした。

コメント

コメントはありません